会社案内

代表メッセージ

物産フードマテリアルは、1965年の創業以来、果汁事業を技術力とメーカー機能を軸に展開してまいりました。2015年には三井物産の果汁事業を統合、三井物産グループが持つ多様なネットワークとグローバル調達機能が加わり、現在では原料調達から製品化まで、また果汁に限らずより幅広い分野で、お客様のニーズにお応えすべく日々取り組んでおります。

昨今、日本のみならず世界的に食に対する考え方や嗜好は変化しておきており、従来の「安全・安心」や「おいしさ」に加え、「健康」や「サステイナビリティ」などが新たな社会的要請となってきております。

わたしたちは、「おいしさと共に、よりよい生活を」という経営理念のもと、こうした変化に広い視野と独創性をもっていち早く対応し、技術力や製品・サービスを通じて価値ある解決策を提案し続けることで、社員1人1人が事業活動を通じて人々と社会の幸せづくりに貢献できる企業を目指してまいります。

今後とも変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 藤井 洋

会社概要

商号物産フードマテリアル株式会社
本社〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-8
委託工場青森 福島 神奈川 和歌山、その他
設立1965年6月
資本金3億1,000万円
従業員数100名(2018年3月現在)
代表取締役社長藤井 洋
事業案内果汁・果肉の加工製造/販売
主要株主三井物産株式会社
取引銀行三井住友銀行 日本橋支店

アクセスマップ

【エントランスのご案内】

    ビル正面入り口の右手にエントランスがございますので、そちらよりお入りくださいませ。

    御用の方は内線番号表をご確認頂き、該当部署へお掛け下さい。

    会社案内    会社案内

沿革

1965年6月
東京都台東区に資本金2,000千円にて東京果汁工業(株)設立
1980年2月
生産能力の拡充を図るため新工場(戸田工場)を埼玉県戸田市に建設
1980年4月
戸田工場が濃縮果汁、天然果汁、果汁入り清涼飲料の各品目で日本農林規格(JAS)の認定を受ける
1983年10月
三井物産(株)が資本参加し、同社の子会社となる
1988年10月
戸田工場が果実ピューレ、果汁飲料の各品目で日本農林規格(JAS)の認定を受ける
1991年3月
三井農林(株)が三井物産(株)の所有する全株式を譲受け同社の子会社となる
1998年3月
戸田工場に新棟を建設するとともに開発部を新設し、研究・開発機能を拡充強化
2000年9月
商号を東京フードテクノ株式会社に変更
品質保証部を新設し、品質管理を強化
三井農林(株)よりポリフェノール関連事業及び研究の一部を譲受けポリフェノン総括本部を新設
2004年1月
会社分割により、ポリフェノール関連事業を三井農林(株)に移管
本社を東京都中央区日本橋本石町に移転
2010年1月
戸田工場での製造を停止、委託製造への切り替え実施
2010年8月
本社・工場を統合し、新事務所を東京都中央区日本橋馬喰町に移転
2011年11月
三井物産(株)直接出資会社となり、同社の子会社となる
2012年7月
商号を物産フードマテリアル株式会社に変更

PAGE TOP